残業代請求|福岡の司法書士 にじいろ法務事務所

新着情報

労働時間

2016-09-02

未払賃金請求、未払残業代請求、不当解雇、不当懲戒など個別労働紛争に適切に対応するには、労働法の知識が必要です。労働問題に関する重要な法律知識を身につけましょう。

 

原則:法定労働時間

法定労働時間

1日8時間・1週40時間

(休憩時間は除く)

1日8時間、1週40時間を超えて労働させてはならないのが原則です(労働基準法32条)。

 

所定労働時間

労働契約で決めた労働時間のことです。法定労働時間を超えて設定することはできません。

法定労働時間 ≧ 所定労働時間 

法定労働時間を超えた時間から「時間外労働」となり、使用者に割増賃金の支払義務が生じます。

 

拘束時間

実働時間と休憩時間を合計した時間。使用者の支配下に置かれる時間のことです。

実働時間

所定労働時間と残業時間を合計した時間。実際に働いた時間のことです。

 

1週」とは

就業規則などで他に別段の定めをしていない場合は、日曜日から土曜日までの暦週をいいます。

1日」とは

午前0時から午後12時までの暦日をいいます。

2暦日にわたって継続して勤務する場合は、それは1勤務とされ、その勤務は始業時刻のある日の労働として取り扱われます。

 

 例外:特例対象事業の労働時間

常時10人未満の一部の小規模サービス事業(商業・映画・演劇業(映画の製作は除く)・保健衛生業・接客娯楽業)について

1日8時間・1週44時間まで認められている。

ただし、満18歳未満の労働者には適用されない。

 

例外:満15歳の年度末までの児童の労働時間

満15歳の年度末までの児童について、原則として労働させてはなりませんが、例外として限られた事業(映画の製作または演劇の事業、新聞配達などの非工業的業種の事業)であれば労働させることができます。

このような児童の労働時間は、修学時間を通算して、1日7時間・1週40時間を超えてはなりません。

 


労働時間の範囲

労働時間とは、労働者が使用者の指揮監督のもとにある時間のことです。
労働時間は、単に使用者の指揮命令下で作業をしている時間だけではなく、使用者の指揮命令下の作業準備や、待機している時間(手待時間)も含まれます。

 

労働時間に含まれるもの

労働時間に含まれなもの

休憩時間に来客当番として待機している時間

参加が義務付けられている就業時間外の教育訓練を受けている時間

特殊健康診断の受診時間

黙示の命令による超過労働時間

作業服の着用が義務付けられている場合の着替え時間

坑内労働者の作業準備および後片付け時間

安全衛生教育の実施時間

安全衛生委員会の会議時間

休憩時間

任意の就業時間外の教育訓練(出席の強制のないもの)を受けている時間

一般健康診断の受診時間

坑内労働者が作業終了後、入浴する時間

作業服の着用が義務付けられていない場合の着替え時間

 

 

参照条文

労働基準法

(労働時間)
第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

 

残業代請求のご相談は、福岡・司法書士にじいろ法務事務所

残業代請求のことなら、福岡の司法書士 にじいろ法務事務所 フリーコール 0120-39-0001 電話受付時間 平日 9:00~18:00