残業代請求|福岡の司法書士 にじいろ法務事務所

新着情報

休日振替と代休

2014-02-18

未払賃金請求、未払残業代請求、不当解雇、不当懲戒など個別労働紛争に適切に対応するには、労働法の知識が必要です。労働問題に関する重要な法律知識を身につけましょう。

 

会社の都合で休日に出勤してもらう場合、休日出勤をさせる方法と休日振替の方法があります。
休日出勤をさせた場合に、代休を与えることがあります。

 

休日振替(振替休日)
―事前に振替日を特定して休日を交換すること
休日労働に関する割増賃金は発生しませんが、週の法定労働時間を超えると超えた分につき割増賃金が発生します
休日振替の要件
イ 就業規則などで振替する場合の具体的自由や振替日の指定方法団度を定めておくこと
ロ 遅くとも振り替えられる日の前日までに労働者に通知すること
ハ 4週4日の休日は確保できるようにすること

 

 

代休
―急きょ休日出勤をさせた場合に、事後的に代わりの休日を与えること
代休は「労働義務がある日だけど労働義務を免除された日」で、休日(労働義務のない)ではありません。
休日出勤につき、賃金が発生します(法定休日であれば割増賃金になります。)
代休は法律上与えても与えなくてもOKです(休日につき(割増)賃金を支払っているため)。
代休日についてノーワーク・ノーペイの原則」に基づき、賃金を支給しなくても違法ではありません。いつまでに代休日を取らせるかについて期限の定めはありません。

 

残業代請求のご相談は、福岡・司法書士にじいろ法務事務所

残業代請求のことなら、福岡の司法書士 にじいろ法務事務所 電話受付時間 平日 9:00~18:00